おはようございます


商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください


今朝の社長のためのチャンス創造マネジメントは・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
中高年層だから需要があります!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

スマートフォンは、確実に普及の足を早めています。
我が家は、三人がスマートフォンを使っています。


中高年層も、スマートフォンには
興味があるようです。


東京の巣鴨で中高年向けのIT講習会を開催する
市民団体「インターネットと明日の福祉を考える市民の会」では、
スマートフォンの入門コースに申し込みが殺到しています。

10月24日に開催された講習会の受講者の平均年齢は約61歳。
ほとんどの受講者が60代以上。


以前からパソコン講習会を開設していましたが、
今年からスマホ講習会を開設したところ。・・・
申し込みの大半をスマホ講習会が占めている人気ぶりです。


乗り遅れるな 巣鴨のスマホ講習会に中高年殺到


===============================================================
長谷川博之の眼★チャンス創造マネジメントのポイント!
===============================================================


「家電」「住宅機器」「IT機器」などの操作は、
年々難しくなっていくような気がします。


機能が付加されて、
どんどん便利になるのは嬉しいのですが・・・


それに伴い、操作が複雑になるのは困ります。
先日、デジタルビデオを購入しました。


タッチパネル式の小さなディスプレスイで操作するのですが、
様々な機能を使いこなすには、複雑な操作が必要です。


これは、デジカメの時も感じていました。
DVDレコーダーのリモコンもボタンが多く、操作が複雑です。


我が家のDVDレコーダーは、リモコンが2台あります。
1台目は通常のリモコン、2台目は簡易リモコンです。


通常のリモコンでは、ボタンが多く操作が複雑なので、
ボタンの少ない簡易リモコンが付属されているのだと思います。


東京町田市の家電小売店「でんかのヤマグチ」。
高齢者層のお客様に対して、至れり尽くせりのサービスで、
定価販売、粗利40%という驚異の数字でビジネスをおこなっています。


山口社長も講演の中でおっしゃていましたが、
家電はデジタル化で、どんどん操作が難しくなった」と。


とにかく、高齢者層には厳しい現実なのです。
リモコン操作一つとっても、簡単には憶えられないそうです。


そこで、でんかのヤマグチでは、
お客様が納得するまで操作方法を教えます。


リモコン操作の説明で、
1時間も使うこともあるそうです。


ここには、価格を超えた世界があります。


どうせ買うなら安い店ではなく、
どうせ買うなら使い方を教えてくれる店
なのです。


65歳以上の高齢者人口は一年前で約2940万人、
そして、総人口に占める割合は23.1%です。



おおよそ、4人に1人は65歳の時代です。


65歳以上の人が全員が困っているとは言いませんが、
8割の人は機器の難しい操作には困っているのではないでしょうか?


「同じことを何回聞いても親切丁寧に教えます!
「完全マスターするまで、マンツーマンで教えます!」


このような姿勢で操作方法を教えれば、
十分にビジネスを優位に展開できる世の中です。


これは、操作方法だけではないはずです。


あなたの会社の商品やサービスを利用する際、
難しさや煩わしさ、複雑さはありませんか?



少しでも、それを取り除く工夫をしてください。
それだけで、競合と大きな差別化ができます。


皆さん、今日もお仕事がんばりましょう!

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください