おはようございます


商品開発力強化&営業力強化のマーケティング戦略
コンサルタントの長谷川博之です。
プ ロフィールはこちらをご覧ください


今朝の社長のためのチャンス創造マネジメントは・・・
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
何をするかより、誰とするか?
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

昨日は、新潟県中小企業家同友会と
マイルス・デイビスの話しをしました。


結論は「異質なものに出会わなければ変われない」
ということでした。


なぜマイルス・デイビスは、45年間の音楽生活の中で、
4回もの大きなイノベーションができたのか?

マイルス・デイビス

答えは人材戦略です。


マイルスは、恐らく意図的に、
人材のコントロールをおこなっていました。


評論家に叩かれても無名の新人
ジョン・コルトレーンを使い続けたり、
若干17歳のドラマー、トニー・ウィリアムスも起用しました。


そして、ロック・ギタリストである
ジミ・ヘンドリックスとの競演も企てました・・・


さらに、アコースティック楽器主体のジャズ界において、
エレクトリック楽器を大胆に導入したのもマイルスです。


ところで、マイルスがエレクトリック楽器を導入した
理由を知っていますか?
答えは、ブログの最後でお知らせします。


晩年は、孫ほど年齢差のあるミュージシャン達と
競演していました。


そして、死の直前には若いラッパーと競演しました。
マイルスはジャズ・トランペッターですよ!


===============================================================
長谷川博之の眼★チャンス創造マネジメントのポイント!
===============================================================

ジャズ界を見渡すと、同じ年代のミュージシャンが
集まって演奏することがほとんどです。


理由は、音楽に対する価値観が同じだから楽なんです。
無理をしなくても自然体でできるからです。


ある意味、ぬるま湯状態です。
しかし、これではイノベーションは無理です。


マイルスは、自分よりも若いミュージシャンに刺激され、
自ら変化を起してきました。



つまり、自ら環境を変える努力をしていたのです。


何をするかも大切ですが、何をするかを決定するのは、
誰とするかなのです。


ちょっとややこしいので翻訳すると・・・


どんな社員がいるかで、どんな商品やサービスが
生み出せるかが決まってしまう
ということです。


だから、マイルスがイノベーションを起す時は、
バンドのメンバーも一新
していました。


同じメンバーでは、新しいことをやるのは不可能なんです。
人間は、そんなに器用ではありません。


集団や組織が、変化しようと思っても、
なかなか変化できないのは、構成員が同じだからです。


すべての構成員を入れ替えることは不可能です。


しかし、今までの価値観とは違う異分子を入れることで
変化を加速させることは可能
です。


ソニーの「プレイステーション」。
この開発の中心人物は、久夛良木健(くたらぎ・けん)です。


以前、ソニーの取締役から聞いたことがあります。
久夛良木健は、社内では異分子だったということです。


つまり、ソニーの文化に馴染めない人です。


だからこそ、社内では否定的意見が多かった
プレイステーションの開発に成功したのでしょう。


さて、クイズの答えです。


マイルスが、エレクトリック楽器を導入した理由です?
ビートルズです。


ビートルズが若者にもてはやされ、
ポピュラー音楽はエレクトリック主体になりました。


エレクトリック化の波は、留まることを知らず、
益々拡大していったのが1960年代です。


アコースティック楽器主体のジャズに見切りをつけ、
エレクトリック楽器大胆に導入したのが1968年です。


ポピュラー音楽界から遅れること数年、
マイルスは世の中の変化に対応したのです。


皆さん、今日もお仕事がんばりましょう!

==============================
次回の更新は、明日あさ7:00です
==============================
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください