今回は『品揃え』についての話し。


品揃えと言えば、特に該当するのが小売業。


価格の品揃えは、『松』『竹』『梅』。
これは、昔からの常識だ。
高価格、中価格、低価格の価格帯を揃えることで、
中価格帯の商品が売れるというもの。


ファッション分野ならば、色に関する品揃えもある。
赤、青、黄、緑、黒、白のTシャツがあるとすれば、
どの色を仕入れるか?


これは、素人がやると、
赤、青、黄、緑、黒、白を各10枚となるが、
これではロスが多い。
売れる色は数が足りなくなり、売れない色は売れ残るからだ。


しかし、プロがおこなうと…
売れる色が一番枚数が多く、売れない色は一番枚数が少なくなる。
たとえば、
赤30枚、青10枚、黄7枚、緑6枚、黒4枚、白3枚
という仕入れになる。


いわゆる、何をどの位、仕入れるかである。
小売業は、この仕入能力で格段の差が出る。


さて、これは形ある商品を販売している小売業だけではない。
サービス業も当然当てはまる。


たとえば、リフレクソロジーサロン。
メニューが一種類ではダメだ。


時間のない方におすすめの『3000円のエコノミーメニュー』、
当店一番人気の『5000円のスタンダードメニュー』、
ゆったり60分の贅沢『7000円のビップメニュー』、
のように品揃えをする。


私のようなコンサルタントも同様です。


品揃えの基本を再度考えてみましょう。


今年は、昨年と社会環境が違いすぎるため、
昨年の販売実績が通用しません。
イレギュラーな年です。



明日もあなたの商売が繁盛しますように♪



↓↓↓↓↓↓↓ぜひワンクリックを!応援ありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

↓↓↓↓『売上アップを本気で考えるなら』こちらもご覧ください↓↓↓↓
商品開発力・営業力・マーケティング力強化の株式会社リンケージM.Iコンサルティングは『中小企業のビジネスチャンスを創造』します!
石

このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください