昨日、某クライアント様と某経済団体の事務局長から
同じ話しを聞きました。


自動車の選択基準が変わったという話しですが、
どうやらニュースで報道されたらしいです。


今までは、
『自動車=ステータス』という価値観を購入基準としてきた
消費者が多かったようですが、
今、社会的責任を重要視する傾向になってきているという話しです。


社会的責任とは、様々な側面があると思いますが、
この場合は環境への貢献度ということになります。
そして、ガソリン代の節約という消費者自らのメリットです。


確かにハイブリッド車が注目され、
事実、販売実績もそれなりの成果が出ています。


一昔前だったら、男性が軽自動車に乗ることは考えられなかった
ようですが、今では若い男性も軽自動車に乗っています。


これは、自動車をステータスという価値観で捉えるのではなく、
移動するための道具という捉え方をしているらしいのです。


だから年配の男性からは、
「最近の若い男はなぜ軽自動車を乗っているのか分からない。
恥ずかしくないのか?」
という声が上がります。
※この話は、自動車業界の方から聞きました。


その変わりに、
携帯電話に対する意識は、
ステータスを感じているのかもしれません。


今、社会と消費者意識は、どんどん変化しています。
企業として、このような変化を敏感に感じ、
変化に応じた商品やサービスを提供することが
社会的責任にも通じます。


今日もあなたの会社が繁盛しますように♪



↓↓↓↓↓↓↓ぜひワンクリックを!応援ありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

↓↓↓↓『売上アップを本気で考えるなら』こちらもご覧ください↓↓↓↓
商品開発力・営業力・マーケティング力強化の株式会社リンケージM.Iコンサルティングは『中小企業のビジネスチャンスを創造』します!
石
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください