以前、立て続けに2回も
「企業の幸せとは何か?」を考える機会があった。


ひとつは、ここ5年で急成長した企業経営者の話しを聞いた時。
もうひとつは、業績不振で友好的M&Aによって会社を手放した
元企業経営者の話しを聞いた時。


面白いことに、二人とも同じことを言われていたことだった。


業績不振で友好的M&Aによって会社を手放した元企業経営者は、
「友好的なM&Aであれば、社員の雇用も確保でき、
給料も上がる可能性もある」
と言われていた。


確かに借金を重ね、無理に企業を存続させるより、
友好的M&Aの方がすべてがうまくいくだろう。
現にすべてがハッピーで終わったという。


ここ5年で急成長した企業経営者は
「市場規模がこれ以上大きくはならないので
これ以上企業を大きくするには、
友好的なM&Aしかないだろう」と言われていた。


友好的M&Aとは、
たとえば、後継者がいない企業、業績が縮小している企業などを
M&Aで加えていくことだ。


業績不振の企業と伸びている企業とを結び付ける
マッチング・ビジネスもこれから盛んになるだろう。
友好的M&Aであれば、どちらの利害関係も一致する可能性が高い。


あまりメディアには載らないが、
友好的M&Aは年間5000件の話しがあると聞いたことがある。


どちらもハッピーであれば、何ら問題はない。


借金を抱え、無理に企業を存続させることが本当の幸せなのだろうか?


友好的M&Aをやるにしても、マーケティング能力がものをいう。


考えさせられるお二人の話だった…


↓↓↓↓↓↓↓ぜひワンクリックを!応援ありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

↓↓↓↓↓マーケティングコンサルタント★長谷川博之の会社↓↓↓↓↓
『売れる商品』を『売れる販売方法』で『売れる市場』に販売すれば績は必ず向上します!
商品開発力・営業力・マーケティング力強化の株式会社リンケージM.I
コンサルティングは
『中小企業のビジネスチャンスを創造』します!

石

このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください