明日は『土用丑の日』。
これは、平賀源内が考えたものとされている。


夏になると鰻が売れなくなると悩んでいた鰻屋が
平賀源内に相談したところ、『土用丑の日』を提案したと言われている。


土用丑の日がなかったら、鰻屋は相当困る。
鰻屋でなくても鰻を扱っているスーパー・料亭・割烹も困る。


バレンタインデー、ホワイトデーをはじめとしたイベント記念日は
最初は細々と一企業で提案され、次第に全国に広まっていった。


2月に販売される『恵方巻』。
これはもともと関西の習慣だが、7〜8年前から
コンビニがPRを開始して、今では関東でも御馴染みになった。


これは、バカにならない新規売上だ。


このように、地域差を活かした販売促進活動は、
探せばいくらでもある。


あなたの会社の社員に、他県出身の人がいれば、
その県の慣習を販売に活かすことも可能だ。



【今日のマーケティングチェック!】
●地域差を活用して、希少価値や話題性を生むことができます。


今日もあなたの商売が繁盛しますように♪



『twitter』始めました。ぜひフォローしてください、よろしく!



↓↓↓↓↓↓↓ぜひワンクリックを!応援ありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村


↓↓↓↓『売上アップを本気で考えるなら』こちらもご覧ください↓↓↓↓
商品開発力・営業力・マーケティング力強化の株式会社リンケージM.Iコンサルティングは『中小企業のビジネスチャンスを創造』します!
石
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください