先程、『サンプルック』に取材依頼が1件ありました。
月刊『キャレル』という雑誌です。
新潟では超有名な情報誌です。


昨日から、サンプルックへの取材依頼がこれで3件です。
本当に感謝です!
スタッフ一同、喜んでいます!!!


さて、あなたは、見知らぬ土地である店舗をオープンさせます。
これは誰でもが一番恐れていることで、一番重要なことだと思いますが、
『はたして、お客さんが着てくれるのだろうか?』
という不安です。


昨日も新規店舗(サービス系)をオープンしたいという
オーナーから電話をいただきました。


開店時の広告・宣伝についての相談です…
しかし、いかんせんお金がかけられない様子…


立地は住宅地です。


私なら、一件、一件、チラシと割引券を持って挨拶に回ります。
徹底したアナログ戦術です(業種によりますが…)。
それも一週間前から2回は挨拶回りをします。


繁華街であれば、周りは店舗ばかりですから、
挨拶回りというわけには行きません。


そこそこ、人通りが予想されますから、
イーゼル等の看板等で徹底PRします。
毎日、手変え、品変えで、看板内容を変えて反応をみます。


あとは、手渡しのチラシなどです。
が、最近は手渡しのチラシを禁止している商店街が多いですネ。


新聞広告や折込チラシは、コストがバカになりません。
そして、特に新聞広告は商圏が絞り込めないという弱みがあります。


新聞広告や折込チラシを初めておこなった経営者の多くが言います。
『意外と効果がない…』と。


まぁ、広告の内容にもよりますが、過剰期待もあると思いますが…


私は、新聞広告や折込チラシで失敗した経営者を多くみてきました。


コストをかけられない場合は、
まずは、商圏を絞り込み、堅実にアナログ戦術をおこなうことです。


オープン当日に、派手な広告宣伝を打つのではなく、
オープン一ヶ月前から、足で稼ぐ地道な宣伝をおこなうことです。


そして、もう一つ重要な秘策があります…



↓↓↓↓↓↓↓ぜひワンクリックを!応援ありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

↓↓↓↓↓こちらもご覧ください↓↓↓↓↓
商品開発力・営業力・マーケティング力強化の株式会社リンケージM.Iコンサルティングは『中小企業のビジネスチャンスを創造』します!
石
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください