セブンイレブンが、弁当の値引きを容認するようです。
これも時代の流れか…


私の記憶が正しければ、日本のセブンイレブンは、
競合店と価格競争を展開し、経営難に陥っていた
アメリカのセブンイレブンに対して、
プロパー販売を徹底させ再生させた成功体験がある。


マーケティング的には、非常に素晴らしい戦略だった。
かなり昔のことであるが…


しかし、時代は変わった。


情報が本部から一方通行で加盟店に流れ、それに従うという
ヒエラルキー組織が通用しなくなった。
そして、カリスマ経営者の絶対性も失われつつある。


本部と加盟店、経営者と社員、企業と顧客。
その関係性が変わったということでもある。


人の上に立つ経営者は、これに気づかなければいけない。
特に中小企業経営者は。


そもそも、人の上に立つなんて表現が間違っているかも…


【今日のマーケティングチェック!】
●人と組織の関係の在り方が変化しました。
 そして、企業と顧客の在り方も変化したということです。


今日もあなたの商売が繁盛しますように♪



『twitter』始めました。ぜひフォローしてください、よろしく!



↓↓↓↓↓↓↓ぜひワンクリックを!応援ありがとうございます!
 にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村


↓↓↓↓『売上アップを本気で考えるなら』こちらもご覧ください↓↓↓↓
商品開発力・営業力・マーケティング力強化の株式会社リンケージM.Iコンサルティングは『中小企業のビジネスチャンスを創造』します!
石
このエントリーをはてなブックマークに追加
お名前(必須)

メールアドレス(必須)

半角でお願いします。

===========================================================
にほんブログ村経営者ランキングに参加中!
ぜひワンクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村
コンサルタトOUTポイント&人気記事最高1位獲得!
コンサルタントINポイント最高6位獲得!
===========================================================
長谷川博之に関する詳しい情報はこちらをご覧ください